虚構は色を失い
ただ跡形もなく崩れ去るのみ


:

色彩失せる銀の世界

難解なひとよ

やさしい爪痕をのこしてくれた日々

追憶がよんでいる

静けさに潜んだ余韻

あんなにも身勝手な願望なんて潰えてしまえばいい。祈りの先に展望などないのだと失意の果てに知るがいい。

執着の末路を呪え
不変であれよ

はじまりもおわりも、あなたがくれるものならばなんだって好ましい。